札幌風俗で出会ったスレンダー美人

アナル専門店の素晴らしさ

先日北海道に旅行した時に札幌の風俗にチャレンジしてきました。風俗といってもデリヘルだったので、風俗店に行くのではなく、あちらから来てもらった感じになるのですが、地元の風俗と違ってかなり興奮してしまいました。わたしが利用したデリヘル店のAは、アナルに特化したデリヘルで、アナル好きなわたしにとっては外せないお店でした。料金は若干高めで在籍している風俗嬢は、年齢層も顔面偏差値もバラバラでしたが、しっかりと指名すれば問題の無いレベルです。札幌でも珍しいという事もあり、かなり混んでいました。一緒にシャワーを浴びてベッドに行ったらさっそくプレイの開始です。四つん這いになりデリヘル嬢にアナルを丁寧に舐めてもらいしっかりとほぐしたら、ローションを付けて前立腺のマッサージ。そのまま牛の乳搾りのように手コキをしてもらうとこれまで味わったことがないような快感を迎えます。アナル舐めに大半の時間を費やし、手コキはほんの数分でしたが、信じられないくらいの量を射精してしまいました。アナル専門店最高です!

意外な反応に感動した

“清そ”。このことばが最もしっくりと当てはまるのが、キャビンアテンダントだと僕は思います。このキャビンアテンダントをむちゃくちゃにしたいという欲望が、飛行機に乗るたび募ってしかたがないので、そのまま実行すれば違法行為で捕まってしまうこの欲望を、札幌の風俗店で解消することを思いつきました。つかさちゃんは、僕がよく見る航空会社のキャビンアテンダントの制服に、よく似たコスチュームを身につけてくれました。髪の毛は肩まで届くか届かないかの長さで、お姉様系雰囲気のつかさちゃんです。制服姿はぱっと見スレンダー?とも思わせますが、ネット情報ではバスト89・ヒップ90となっていましたので、これから脱がしていくのが楽しみでなりません。「男のあえぎ声を聞くのが好き。」とも、書いてありました。お望みどおりにしてあげましょうと、学生時代にアメフトをやっていた俊敏性に自信のある僕は、素早くつかさちゃんの背後に回り込み、グッと引き寄せました。「あん!」とお姉様系のつかさちゃんは、風俗慣れしていない意外な声を発します。札幌の夜、本当によかったです。