STAFF


レネ・ビルツ President & CEO
"Welcome to 3T!"




Quest'anno, 3T compie 50 anni.

Suona molto "vissuto" : un marchio con una storia. Ma noi non riposiamo sugli allori nel 2011 - stiamo programmando di fare più storia !

Prima di tutto, vorremmo ringraziare ciascuno di voi che ha usato i nostri componenti durante questo ultimo mezzo secolo. Speriamo che 3T abbia fatto la vostra bicicletta più rapida e più bella!

Quando 3T diventò “la nuova 3T”, abbiamo cercato di rinnovare il marchio con l'ultime prestazioni. Abbiamo l'obiettivo di realizzare componenti per la bicicletta con software d’ultima tecnologia che si utilizzano per la progettazione di aerei a reazione e F1 auto da corsa, allo stesso tempo connessa con il glamour e lo stile del design italiano. Sono andati a vincere Grand Tours, gare olimpiche, Madisons e Ironman. E questi sono solo le gare che siamo a conoscenza.

Il ciclismo è cresciuto in maniera massiccia dal 1961, quando il nostro fondatore, Mario Dedioniggi, ha iniziato i tubi a Torino. Ogni settimana, si è fuori, facendo parte di gare su strada, triathlon, prove a tempo, granfondos, sportive, gite secolo, e corre club. Con la nascita del triathlon, molte più donne si stanno unendo in, trasformando il volto di questo sport.

Visto che la demografia del ciclismo è cambiato, così l’ha fatto 3T. Dove un tempo i nostri prodotti erano artigianali, adesso sono tecnici. Dove una volta erano dati ad un settore di nicchia, i corridori professionisti, ora sono offerti a livello mondiale, per ogni uomo e donna che vorrebbe essere più celere sulla bicicletta.

Così, 3T continua a cambiare ed evolversi in epoca moderna, ma sempre tenendo fede ai valori autentici del passato. Siamo orgogliosi siamo stati in grado di estendere e migliorare questa grande azienda, e di portarla in epoca moderna.

Quando siamo arrivati a 3T, ci siamo sentiti come se fossimo solo custodi di un patrimonio glorioso. Ora siamo qui da un po ', e sentiamo di avere il diritto. Non siamo più i nuovi arrivati. La nuova 3T è il vero erede della 3T reale.


2011年3Tは50周年を迎えます。

それはとても長い時を感じ、3Tというブランドがロードレースの歴史と共にあるという事がお分かりでしょう。2011年、50周年という歴史に立ち止まることなく私達は歩み続けます。私達は輝かしい50年の歴史を越える新たな歴史を作り出す事を約束します。

しかし、まずここで初めに私の気持ちを皆様にお伝えします。
“私達の熱望は、3Tが皆様をより速く走らせ、より美しく自転車を彩るコンポーネントでありたい。そして、この50年の歴史の中で3T製品を使って頂いた皆様に感謝を申し上げたい。”

“3T”が“The New 3T”に変わった時、私達はThe New 3T目指すブランドコンセプトを“究極の性能の追求”としました。そこで私達は、航空機とF1カーの工学技術を用いて自転車の部品を作ることにしました。またそれらの製品にはイタリアンデザインの魅力とスタイルをも結合させました。3Tの製品は、グランツール、オリンピックレース、マディソンレースおよびアイアンマントライアスロンで勝ち続けました。 そして、これらはただ私たちが知っているレースです。

3Tの創設者、マリオ・デディオニッギ氏がトリノでチューブを曲げ始めました。その年1961年以来サイクリングは大きく成長しました。 毎週、皆さんは外に飛び出し、ロードレース、トライアスロン、タイムトライアルレース、グランフォンド、フィットネスライド、センチュリーライド等に参加していることでしょう。またトライアスロンの発展で、多くの女性アスリートがサイクリングに参加し、大きくこのスポーツを変えました。

サイクリングの楽しみ方やサイクリングを楽しむ人々が多様化し、3Tもそれに合わせて行かねばなりません。かつての私達の製品は“職人の息吹”を感じる製品でしたが、現在の製品は“最先端の技術”を感じる製品です。かつての3T製品は“一部のプロロード選手のための製品”でしたが、現在の製品は“自転車に乗ってより速く走りたい全ての皆様に供給する製品”となりました。

The New 3Tは歴史を継承しながら、現代のニーズに変化し発展し続けています。私達はこの偉大なる3Tブランドを広め、革新し、現代まで続いた事に誇りを思っています。

私が初めて3T社に来た時、私は輝かしい伝統の管理者である気がしました。私は今その輝かしい伝統の中にいます。私の手のひらの中に50年の歴史があるような気がしてなりません。“The New 3T”は3Tの輝かしい伝統を受け継ぐ継承者なのです。


PRODUCTS